今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

プロテオグリカンとは?注目を浴びる新・美容成分


プロテオグリカンとは?
ハリと弾力の決め手!!
プロテオグリカンは力のある美容成分


プロテオグリカンの研究
テルヴィスは肌の保湿の真実に迫り、メカニズムを解明!ヒアルロン酸の130%の蓄水力!の美容成分『プロテオグリカン』こそ、年齢肌や乾燥肌ケア対策の新星です!

上から下から、持ち上げて、ピン。

世界中の医薬品・化粧品・食品メーカーや研究者が
注目する、保湿・エイジングケア成分
『プロテオグリカン』とは?

 

 

プロテオグリカンって何?
 

プロテオグリカンの構造
プロテオグリカンの特徴的な構造である「糖鎖」と「タンパク質」が結合した状態を維持したまま抽出する事が非常に難しく、またとても高額のため、実用化は困難でした。バイオマテックジャパン株式会社が画期的な抽出方法を確立するまでは優れた効能が確認されていたにも関わらず、医薬品・化粧品としての活用する事が出来ませんでした。
※バイオマテックジャパン(株)はこの画期的な抽出方法により2012年の「ものつくり大賞」で内閣総理大臣賞を受賞しました。

 
プロテオグリカンのヒアルロン酸を凌ぐ蓄水力
 

プロテオグリカンの蓄水力 うるおいを蓄え放さない
ヒアルロン酸の130%の蓄水力!


蓄える力こそ、ハリを生む力。プロテオグリカンが浸透した肌の水分保持率を測ると、ヒアルロン酸の1.3倍!
私たちは、プロテオグリカンを美容液として肌に補うことで、もともと私たちの肌にあるプロテオグリカンを増やすことができ、お肌の潤いを保つサポートをしてくれるのです。
(バイオマテックジャパン株式会社調べ)

waku1
プロテオグリカンは、もともと私たちの皮膚、軟骨、骨、血管など身体中のありとあらゆる場所に存在し、皮膚においては「皮膚の保湿」や「新しい細胞を作り出す」等の働きをしている成分です。
私たちの人間の皮膚は「表皮」と「真皮」の2層に分かれていて、「表皮」は主に外からの刺激から守る働きがあり、「真皮」は皮膚の弾力を保つ働きがあります。「真皮」において特に重要な働きをしている成分がプロテオグリカンと考えられています。
皮膚の蓄水する仕組み
waku2
プロテオグリカンは、コラーゲン繊維の間にあって水分や栄養素を蓄え、肌にハリや弾力を与えるウォーターバッグの役割を果たしているのです。私たちの肌を家の壁にたとえるなら、コラーゲンは柱となる鉄骨、プロテオグリカンはその柱と柱をうめて繋ぐ壁の役割をしているのです。プロテオグリカンがあるからこそ、コラーゲンが“ピン”と“ハリ”がある状態を保てるのです。
 
プロテオグリカンの新しい細胞を作り出す再構築力
EGFと加齢の関係
年齢を重ねる毎に、お肌の再生力は衰え、キメが整ったお肌を保つ事が難しくなります。それはEGFが年齢と共に減少してしまうからです。
プロテオグリカンにはEGFとよく似た作用があり、お肌の新陳代謝を促しお肌のキメを整えます。お肌のキメが整った肌は肌密度が高く、透明感があるみずみずしいベビースキンへと導きます。

※EGFとは?
EGFはEpidermal Growth Factorの略で、日本語では上皮成長因子と言います。EGFは人の身体に元々ある因子でターンオーバーを促す働きがあります。

【参考】プロテオグリカンを配合した美容液の継続塗布による肌年齢の変化
肌年齢の変化
インフォード社製の測定機械による解析。
モニター数 8名
使用期間  12週間
ほとんどの方の水分値と油分値が改善。
肌年齢が実年齢(40~60代)より若返っていることが分かります。

(バイオマテックジャパン株式会社と株式会社メディカルインテリジェンスとの共同研究調査による)