今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

0019

美肌秘訣ナビ★肌の悩みありませんか?乾燥肌にお悩みの方必見!


bnr_01

乾燥肌でお悩みの人が多い現実

乾燥肌って治るのでしょうか?

秋冬になり、ますます乾燥が深刻化してくる頃、

乾燥肌でお悩みの方も多いようです。

ひどくなると、何をしても治らないのではないかと

お悩みをかかえる方もいます。

00040790_72B

深刻化した乾燥肌は、皮膚科への受診をおすすめしますが、

それ以前にそこまでいたらないためのスキンケアは必須です。

一度乾燥におちいった肌は回復までの時間もかかってしまいます。

 

では、何に気をつければ良いでしょうか。

 

気をつけるのはとても基本的なこと。

それは、保湿化粧品に含まれる成分をきちんと見極め、

こまめに効果的な保湿ケアを行うことです。

 

保湿ケアで気をつけること

乾燥シーズンは特に肌が敏感になりがちです。

基本は、

「与える」「温める」「封印する」

と覚えてみましょう。

 

「与える」とは、保湿成分の高い化粧水、美容液で、

肌にしっかり保湿すること。

乾燥が気になる箇所は、コットンにたっぷり含ませて、

パックすることもおすすめです。

お昼休みや夕方など、こまめな保湿をしましょう。

 

「温める」とは、与えた水分をさらに浸透させること。

身近で効果的なのは、「ハンドプレス」です。

手の温かさで、肌を包み軽く抑えます。

肌は温まることで、血行がよくなり、水分の浸透のほかに、

顔色も良い印象になります。

 

最後は「封印する」です。

これはこの季節には特に不可欠なケアです。

 

いくら朝保湿しても、昼や夕方にはカサカサという経験はありませんか?

せっかく保湿してもその潤いを封印する努力をしていなければ、

もったいないケアになってしまいます。

 

よく使われるのは、乳液やクリームです。

乾燥が深刻化したお肌には、クリームの方が保護力が高くお奨めです。。

★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアクリーム>

各製品の成分、性質、つけ心地を試して、選んでみましょう。

 

また、この時期、おすすめしたいのが、美容オイル。

基礎ケアの最後の仕上げとして、美容オイルを少し手にとり、

薄くのばし、顔へスタンプするようにぺたぺたとつけます。

シーリング効果があり、外部の乾燥や刺激から肌を守ってくれます。

 

それでも乾燥が気になったら、

夜のケアとして、保湿力の高いマスクを利用するのもおすすめです!

★テルヴィス アクアプロテオ フェイスマスク>

 

これからの季節はクリスマス、年末年始と

楽しいイベントもたくさん。

乾燥知らずのうるうるの肌で楽しみたいですね!

 

 

秋冬は乾燥知らずの美肌へ。ヒアルロン酸の130%の潤い成分、

プロテオグリカン配合のうるうる美容液はこちら

 

★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアジェル>

化粧水+美容液!これ一本でOK。

初回購入とプレゼント付で料金もお得な定期購入があります。

0278

 

秋冬の必需品★

ジェルの後は、専用のプロテオグリカン配合クリームでしっかり潤いガード

↓↓↓

★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアクリーム>

絶賛発売中!プロテオグリカン配合!うるうる保湿の美肌力アップ!

テルヴィスアクアプロテオモイスチュアクリーム
テルヴィスアクアプロテオモイスチュアクリーム

★テルヴィス アクアプロテオ フェイスマスク>

秋の潤いケアマスク。透明感ある肌へ。

Exif_JPEG_PICTURE




こちらも合わせてお読みください