今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

sayaka

美肌の秘訣冬対策!「今こそ女度アップ! 潤いに差をつけるぷるぷる肌ケア」


美肌の秘訣冬対策!「今こそ女度アップ! 潤いに差をつけるぷるぷる肌ケア」

 

こんにちは。テルヴィスのたつざきです。

 

暖かいものが恋しい季節になってきましたね。

木々の葉がきれいな赤や黄色に色づき、

秋の深まりを感じるこの季節です。

そろそろ落葉している地域もありますね。

 

と同時に深まっていくのが、

 

肌の『乾燥』問題

 

です。

 

肌はきちんと季節を察知していて、

空気の乾燥にも敏感。

たっぷりの潤いを与えて、ケアすることが大事です。

 

そこで、今回は

 

「今こそ女度アップ! 潤いに差をつけるぷるぷる肌ケア」

 

最近、周りで、

「おかしいなぁ、きちんとケアしてるはずなのに、乾燥しちゃう。」

「私が使ってる化粧水の潤い感が物足りない」

という声をよく聞きます。

 

確かに選んでいる商品自体の性質の問題も

あるかもしれませんが、

もしかしたら、肌ケア方法が間違っているかも!?

この乾燥の時期だからこそ、

肌ケアの仕方を見直してみましょう!

理想的なケア方法を以下にまとめてみました★

 

1、    正しい量、塗り方で潤いに違い出す。

洗顔後、5分くらいで、肌は乾燥へ向かいます。

その前に、洗い立ての肌にすかさず、

ブースターなどで、潤い化粧液を浸透させ、

角質をやわらかくするのが効果的。

また、効果を確実にするには、正しい方法・順番・量を

守ることが大事だといえます。

化粧液、美容液、乳液など、その工程ごとに、

しっかりハンドプレスで肌の奥へ

浸透させることをおすすめします。

 

2.潤いはとにかく持続させる。

乾燥は、あらゆる肌トラブルを招きます。

24時間、肌の乾きを感じたら、

すぐに保湿する準備をしていましょう。

常に潤いのある肌を保つことで、

肌自体も健康になり、ポテンシャルが高まります。

特に、夕方から夜にかけて

肌の水分蒸散量はピークになります。

帰宅後は、まず顔を洗い、

化粧液、乳液などで、しっかり潤い補給をして

あげることを心がけましょう。

 

3.体の乾き、見逃してませんか。

体は、顔に比べて皮脂腺が少ないため、

保湿ケアをしないと、すぐに乾燥します。

一度乾燥した肌は回復するのに、時間がかかります。

それが、肌エイジングにつながることにもなります。

常に、ボディクリームなどでの

保湿ケアをおすすめします。

特に、肌が露出している首やデコルテ、

手、脚は乾きやすいので、

お手入れを怠らないように、気をつけましょう。

 

この乾燥シーズンに肌エイジングを進めてしまわないように、

しっかりと潤い保湿ケアを心がけたいですね!

一緒にがんばりましょう!

 

この乾燥の季節、お肌の潤い不足が気になる方へ、

プロテオグリカン配合の化粧品がおススメです

★  プロテオグリカンって何?

気になった方はこちら

★プロテオグリカンとは
 

当社のアクアプロテオをお使いいただいているモデルさんにも

ご好評いただいております!

 



潤いケアには、ヒアルロン酸130%のプロテオグリカンを含む、

そんな働き者のプロテオグリカン配合の美容液、

よろしければ、こちらをご覧くださいませ↓↓

 

★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアジェル
初回特典は自信の全額返金保証付!

 


★アクアプロテオ フェイスマスク
冬の乾燥対策におすすめです。たっぷりの潤いを手に入れるにはこれ。


こちらも合わせてお読みください