今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

e2278abdb449a17efc820a91ee9e404d_s

花粉をはねのけよう!春の美肌対策


bnr_01

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

花粉症持ちの方、
そろそろ気になる季節がやってまりました。

早め早めの対策で快適に
過ごせるようになるかもしれません。

===========================
今年の花粉の予想状況
===========================

今年の花粉飛散の予想は、
東北から近畿、九州地方までの
広い範囲で、例年を上回る見込みです。
四国は例年並みと言われています。
北海道は例年を下回りそうです。

前のシーズンは、ヒノキ花粉が多い年でしたが
今年はヒノキの花芽の生育が前シーズンほどでは
ないため、ヒノキの花粉量は少ないと
予測されています。

一般的にスギは九州では2月下旬から
中国、近畿、関東では3月上旬から飛び始めます。

ヒノキは九州では3月下旬から
中国、近畿、関東では、
4月上旬から飛び始めます。
そして今年のスギ花粉のピークは
福岡は2月下旬から
広島・大阪・名古屋・東京など多くの地域は3月上旬
の予測だそうです。
まだ少ないですが花粉の飛散は始まっていますので
対策は早めに行いましょうね。

花粉情報は
日本気象協会の tenki.jp で確認できます。

 

e2278abdb449a17efc820a91ee9e404d_s

===========================
花粉を寄せ付けない工夫が大事!
===========================

花粉はまず寄せ付けないことが大事です。

マスクをつけることは、
吸い込む花粉量を1/3から1/6まで
減らすことができる言われます。

隙間なく、顔にフィットするマスクを選び、
使い捨てで適宜交換しましょう。
洋服選びも花粉を寄せ付けないポイント!

花粉はどうしても服につき
家の中に持ち込んでしまいます。

一般的にウールなどの素材は
花粉がつきやすく、
綿や化学繊維はつきにくいと言われます。
帰宅時は、家に入る前に
服を払う癖をつけるといいかもしれません。

眼鏡をつけたり、帰宅後はすぐに
うがい、手洗いを徹底するのも大事な対策です。

※注意※
花粉対策だけならばマスクは
1日1回の交換でも良いと思いますが
インフルエンザ対策も兼ねている場合は
こまめにマスクを交換しましょう。

 

2b64a033f855621adbcaef0cff3bf30f_s
===========================
花粉や大気汚染による肌荒れもある!?
===========================

またこの時期、肌も敏感になりがちに。

花粉による肌症状で一番多いのが「かゆみ」。

目がかゆくてかいてしまったり、
かくことで、赤くなってしまったりと
肌トラブルを引き起こしてしまいます。

この時期は意外と空気も乾燥しています。
肌が乾燥し、免疫力が低下しているのも
原因です。
一度乾燥した肌はバリア機能を失うので
余計に花粉や大気汚染物質などの
外的な刺激が肌に入ってきてしまいます。

空気が暖かくなると大気汚染も
気をつけなければならないですね!

黄砂やPM2.5など空気中の汚れが肌に刺激を与えます。

まず帰宅後は優しく洗顔もお忘れなく

 

===========================
肌の免疫力を上げるには?
===========================

色々な方法がありますが、
一番気にして欲しいのは、
「保湿」

肌のバリア機能が低下することで、
花粉による炎症は悪化してしまいます。

日頃からしっかりとした保湿をして、
潤い肌を維持するように心がけましょう!

特に症状の出やすい目や鼻の周りは
皮膚が薄く乾燥しがちなので
クリームやシートパックなどを使って
重ねぬりするのも大事ですね。

刺激が少ない化粧水やクリームを
選びましょう。
また、日頃から体の内側から肌をサポートする
心がけも大事です。

肌荒れが気になるときは、
代謝を良くする「ビタミンA」を、
美しい肌の元となる「ビタミンC」を
補いましょう。

栄養が満たされると
免疫力も上がり、花粉症やアレルギーにも
強い肌になります。
普段から免疫力を上げて
花粉症や大気汚染物質に強い肌を目指しましょう!

 

潤い力もヒアルロン酸の130%!肌のターンオーバーを促進!
テルヴィス アクアプロテオモイスチュアジェル
初回購入特典は「送料無料」「10ml入りミニボトルプレゼント」

 

お客様の声

モイスチュアマスクにはまっています!
厚めでしっとり染み入る感じがたまりません。


こちらも合わせてお読みください