今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

「時間」を味方につける美容。美肌の秘訣はココにもあり!


bnr_01

00031237_72B

「体内リズム」という言葉を聞いたことがありませんか。

体内リズムとはいわゆる体内時計の事で

私たちの体や肌はその体内リズムにあわせて

ケアをすると効果があがると言われています。

===============================================

体内リズムの乱れを整えて美を育む

===============================================

わたしたちの体には「体内時計」が脳を中心にいくつかあり、

24時間の周期をもっています。

その刻みにあわせて、健康や肌をケアしていくことをおすすめします。

 

※体内時計には諸説あり、一般的には25時間周期と言われていますが、

個人差もあり実際の周期は25時間より短いようです。

体内時計は朝日を浴びる事でリセットされます。

 

体内時計をコントロールするのが、

夜に脳からでる「メラトニン」という睡眠ホルモン。

このメラトニンのシグナルが細胞に伝わり、

体を時にあわせているのです。

 

ストレスや不規則な生活を続けると

このメラトニンの分泌が妨げられて、

体内リズムがくるい、体や肌、精神的にも

ダメージを与えてくるのです。

 

そうならないためには、

体のリズムにあわせて、生活し、

時間にあった美容ケアで

心も体も肌も、健康で美しくいられるように

したいですね。

 

===============================================

時間にあわせて何をしたらいいの?

===============================================

日中は「覚醒の時間」、夜は「鎮静の時間」です。

 

覚醒の時間は、朝起きたときから18時くらいまで。

以下の生活面で気をつけることを

参考にしてみましょう!

 

・  朝同じ時間に起きる

たとえ夜更かししても、決まった時間に起きることで

体内リズムが整います。

 

・  毎朝同じ時間に朝食をとる

脳や体が朝を認識し、睡眠中下がった体温が上がり、

体が活動モードになります。

 

・  日光を浴びて体内時計をリセット

朝日をあびると、睡眠ホルモンのメラトニンの

分泌が止まり、体を覚醒させる「セロトニン」が

分泌します。そうすることで、

夜のメラトニンも出やすい状態になります。

 

・  大切な仕事は13時から16時の間にする

日中、昼間は集中力や記憶力が高まる時間帯。

なので、この効率が良い時に大切な仕事をすると

満足いくものになるかも。

 

コラム1b

 

次に美容面です。

・  朝はスキンケアで肌を目覚めさせましょう。

毎日決まった時間にスキンケアやマッサージを

することをおすすめします。

 

エアコンなどの風や乾燥から肌を守るために

外的刺激を受けにくいように

肌をプロテクトすることが大事です。

 

 

もう一方、鎮静の時間は18時から朝起きるまでの時間です。

 

生活面で気をつけることは、

 

・  カフェインは就寝4時間前からとらない

メラトニンの分泌によって、体温が下がり、

体が休むモード、睡眠へと入っていきます。

カフェインは眠気を覚ます効果があるので、

なるべくさけましょう。

 

・  寝る3時間前までに晩御飯をすませ、

満腹の状態で寝ない。

寝る前の食事で体が休むことができません。

22時以降の食事は脂肪になるので気をつけましょう。

 

・  就寝前のパソコンやスマホはやめる。

光の刺激が目に入ると、メラトニン分泌ががくんと低下し、

興奮状態になってしまいます。

就寝前のブルーライトは避けましょう。

 

・  寝酒はやめる。

カフェイン同様に、メラトニンの分泌を下げてしまい、

睡眠にはよくありません。

 

・  自分に合った睡眠時間を見つける。

理想的な睡眠時間は人によって異なります。

一般的には7~8時間と言われていますが、

根拠がある数字ではなく、睡眠時間の平均から

大体これくらいだろうと考えられている数字です。

睡眠時間が2,3時間というショートスリーパーもいれば

9時間位寝ているロングスリーパーの方もいます。

自分に合った睡眠時間を見つけましょう。

 

美容面で気をつけることは、

・  筋トレやストレッチなどの運動は夕方する

交感神経が活発な夕方の時間帯がベストです。

 

・  お風呂はゆっくりつかる

体をじんわり温め、快適な眠りにつくことで、

美容効果もアップします。

・  肌を鎮めて修復する

夜のスキンケアは、その日の疲れやダメージを修復する

大事なケアです。睡眠中の乾燥をふせぐためにも

しっかりとした保湿ケアをしましょうね。

 

たっぷり美容液をつけて、

そのまま、睡眠で修復に入れば、

翌朝の回復も違い、すべすべのお肌に。

 

体内時間にあったケアで、美肌をキープ!

 

↓↓

潤い力もヒアルロン酸の130%!肌のターンオーバーを促進!

☆   テルヴィス アクアプロテオモイスチュアジェル

初回購入特典は「送料無料」「10ml入りミニボトルプレゼント」

 

 

★   お客様の声:

乾燥シーズンはとくにかかせません。

浸透力と持続する保湿力が気に入っています。

(30代 女性)

 

 

0278


こちらも合わせてお読みください