今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

良い睡眠は美肌の秘訣☆ダイエット効果ありの快眠のコツ


bnr_01
5bbe727f9a13638380d0eb3610a67836_s

睡眠が美容とふか〜い関係があるというのは、周知の事実。

実はダイエットにも関係しているって知っていましたか?

でも、なかなか効果的な質のいい睡眠がとれていない人も多いのでは!?

そこで、今回は今日から実践できる快眠のコツをお知らせします。

 

寝ている間に300kcal消費!ただし快眠が必須

 

寝ている間に消費されるカロリーは、

「成長ホルモン」の分泌によるもの。

ただし、この成長ホルモン、

「眠りはじめの3時間」に集中して分泌されます。

脂肪を燃やし、細胞の修復、再生を行っています。

 

睡眠が大事といわれる理由は、

このような細胞の修復、再生や疲労回復や髪、肌のうるおいの回復などの

役割が生きて行くなかでとても大事だからです。

 

睡眠不足が続けば、ホルモンバランスが乱れて、

細胞の修復が行われないまま、体も肌も、

循環の悪い負のスパイラルに陥ってしまいます。

ff121cc58e7e84938060f2d3d8144cdd_s

 

「痩せる睡眠」を実現させるには、

守りたい快眠のコツがあります。

 

・  眠りはじめの最初の3時間は中断しないで熟睡を目指す

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠という二つのサイクルがあります。

ノンレム睡眠は深い眠りで脳疲労を取る作用があると言われています。

 

また、同時に成長ホルモンの分泌が活発になり体の成長や細胞の修復などを行っています。

レム睡眠は浅い眠りで体は寝ているけど脳は起きていて記憶の整理を行っていると言われています。

睡眠はノンレム睡眠とレム睡眠を90分のサイクルで繰り返していると

言われていますので最低でも1サイクル分の3時間はしっかりと寝る事がオススメです。

 

ちなみに夢はレム睡眠の時に見ると言われていましたがチョット違うようです。

日本経済新聞のサイトに掲載されていました。興味がある方は覗いてみて下さい。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83023620Q5A210C1000000/

 

・  トータル睡眠時間「最低7時間」を目指す

個人差が大きいですが、ノンレム睡眠とレム睡眠のサイクルは2回は行いたいです。

また、寝つくまでに1時間位かかると考えるとトータルで7時間。

これ位の時間は睡眠に充てたいですね。

 

忙しい生活の中ですが、これだけは実行したいポイントです。

 

また、成長ホルモンは深く眠っている間に大量に分泌され、

そのピークは22時から2時のシンデレラタイム。

この時間内に最初の3時間を充てられる生活リズムを目指しましょう!

 

5f492462f6300c3dd0dbede9d0097ea8_s
 

リラックスしてホルモン分泌を高めるコツ!

 


まずは、快眠を意識した習慣をつけることが大事です。

簡単なので、できることからひとつずつはじめてみましょう!

5つのコツをピックアップしました。

 

1,アロマの力を借りる

寝室でリラックス効果のあるラベンダーや

レモンバーム、カモミールなどの香りのアロマオイルなどを

使い、リラックスして眠れる環境を作りましょう。

気持ちも体も落ち着けることで、

スムーズに快眠にいざなわれます。

 

2,夜になったら照明を落とし、睡眠中は光を視界に入れない

灯りの調整も神経を落ち着かせる大事なポイント。

LEDなどの強い光は覚醒作用があるため、

夜は、間接照明や暖色照明に切り替えて、

睡眠に備えることがポイント。

 

もちろん、PCやスマホのブルーライトも睡眠を妨げるので、

ベッドの中では見ないのがベター。

 

3,ぬるめの湯にゆっくりつかる

入浴で体を温めると、眠りにつきやすい状態になります。

眠る1時間前までに38〜40度のぬるめのお湯に10分以上

つかるだけで、効果的。

浴槽につかれないユニットバスの方は、

足湯だけでも効果がありますよ。

 

4,自分に合った寝具、ナイトウェアをみつける

まくら、マットレスは首や腰がまっすぐ保てるものを選ぶとベター。

少し前にブームになり、その人気続行中の

ナイトブラも試してみて。快眠と美容の一挙両立ですね。

 

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

5,どうしても寝る前にお腹すいたらコレを食べましょう

お腹空いて眠れない・・・なんて日もありますよね。

そういう時は、以下のポイントを抑えたものをチョイスして

小腹を満たしましょう。

 

・  ハーブティーなどリラックス効果のあるもの

・  糖質オフのスープなどの温かいもの

・  ビネガードリンクなどの体に良く、優しいもの

 

最近では快眠をサポートしたり、睡眠状態を測定するアプリも

あるようなので試してみるのも良いですね。

 

いろいろポイントをピックアップしましたが、

ひとつずつ、少しずつ、

今日から快眠を多く実践して、

体、美肌づくりに繋げたいですね!

 

また寝ている間もお肌は乾燥しています、

寝る前にしっかり保湿ケアしての就寝を★

 

プロテオグリカンはヒアルロン酸の130%の保湿力

初回購入特典は「送料無料」「10ml入りミニボトルプレゼント」

★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアジェル>

初回購入特典は「送料無料」「10ml入りミニボトルプレゼント」

24


こちらも合わせてお読みください