今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

24

実はよく知らない!?「深部乾燥」って何?


bnr_01

p_1209

お客様からよくあるお問い合わせの中に、

「深部乾燥」って、どんな乾燥状態ですか。

というご質問をいただきます事があります。

 

実は、「深部乾燥」というのは、

化粧品を中心とした美容業界の造語です。

“インナードライ” と言われる事もあります。

 

美容業界が作った言葉なので医学的な定義はありませんが、

皮脂が必要以上に分泌されていて、

肌表面がベタついているのに、

肌内部の細胞間脂質は不足している状態

又は

皮脂は正常に分泌されていて、

肌内部の細胞間脂質は不足している為

肌表面はすぐに乾燥してしまう状態

のお肌をさして言われています。

 

このような状態のお肌は

肌表面だけを保湿しても、

内部が乾燥しているので、肌が自身を守ろうと、

皮脂を余計に分泌し、さらに表面はベタつくという

悪循環におちいりがちになりやすいのです。

 

逆に肌表面が見かけ上潤っているからと

ケアを怠ると、内部が乾燥しているので

あっという間に乾燥が進み、バリア機能が低下することも。

それによって、あらゆる刺激を肌に受けやすくなります。

肌表面では、炎症で肌が赤くなったり、

肌の奥では、シミやシワなどのエイジングに繋がる原因になったりします。

深部乾燥状態のお肌はターンオーバーも乱れがち。

じっくりとケアしていく事が大事です。

 

だからこそ、

肌の奥から潤すケアが必要なんですね。

そんなお肌にお勧めなのが

『プロテオグリカン』

という成分です。

この成分はヒアルロン酸の130%の保湿力があり、

さらにターンオーバーを促す作用まであるんです。

まさに深部乾燥対策にピッタリの成分なんです。

 

深部乾燥に最適な成分を選んだ後は、

きちんと選んだアイテムの威力を最大限生かすこと。

化粧水や美容液、オイルなど

全てのステップで丁寧に肌に浸透するように使いましょう。

パッティングは適度にお肌に刺激を与えるので

血行が良くなる半面、お肌に与える刺激が強いので

お肌が弱い人にはオススメ出来ません。

 

誰にでもオススメしたいのはハンドプレスです。

手のひらを使ったハンドプレスは

手のひらで柔らかく温めながら圧をかけているので血行も良くなり

美容液等が肌に触れている時間が長くなるので

じっくりと浸透していくのが特徴です。

 

まとめに、潤したものを外へ逃がさないように

ガードする役割のあるクリームをプラス。

ここでもしっかりと保湿成分がはいったアイテムを使いましょう。

 

肌は日や体調によって、

状態が変わりやすいものです。

その日、その日の肌の調子を観察しつつ、

美容アイテムをプラスしたり、マイナスしたりして

調整したいですね。

とは言っても、毎日のケアにそんなに時間をかけれない・・・

という人はフェイスマスクを適度に取り入れて

お肌の状態を整えましょう。

 

一言で顔と言っても目元、口元、鼻、ほほとパーツによって

皮脂分泌の多い箇所、乾燥しやすい箇所など異なりますので

パーツごとにケアの方法を変えてみましょう。

特に乾燥しがちな箇所は念入りにケアを

 

乾燥しらずの美肌づくりはこちらのアイテムがおすすめ★

↓↓

ヒアルロン酸130%の保水力を持つ

プロテオグリカン高配合の『化粧液+美容液』アイテム
★テルヴィス アクアプロテオ モイスチュアジェル

初回購入特典は「全額返金保証」「送料無料」「10ml入りミニボトルプレゼント」
82b

 


こちらも合わせてお読みください