今、美容業界で注目のヒアルロン酸を越える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます。
美肌秘訣ナビ~ヒアルロン酸を超える保湿力を持つプロテオグリカンを中心に美肌の秘訣を教えます!

美肌秘訣ナビ-素肌美人のつくりかた-

女性の美と健康を
私たちは追求します!

テルヴィス公式ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。
テルヴィスは創業より24年間お客様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上に貢献したいという想いを旨にテルヴィスは美容・健康商品をお客様に届け続けております。
ヒアルロン酸130%の畜水力をもつプロテオグリカンを高配合したテルヴィスアクアプロテオは女性の肌を健やかにする当社が誇る美容液です。
驚異の保湿力と肌のターンオーバーを整えるEGF様作用をもつプロテオグリカンのすばらしさを皆さまにお伝えできれば大変うれしく思います。
また、プロテオグリカンを始め女性の方々の喜ばれるさまざまな美容・健康情報をお届けしていくことでお役に立てればと考えております。
株式会社テルヴィス
代表取締役社長 立崎聡。

Twitter

テルヴィスアメブロはこちら

相互リンク

img_conclusive

美肌に効く!コラーゲンの正体って?


bnr_01

p_0826

コラーゲンが肌に良いことはよく聞きますよね。

けれども、その正体やなぜ効くのか知っていますか?

 

まず、コラーゲンの正体は何でしょう。

人の体は、子供だと70%、大人だと60%が水分です。

残りの40%は、タンパク質でできています。

そのうちの1/3がなんとコラーゲン!

美肌のイメージが強いコラーゲンですが、

臓器を支えたり、細胞をつないだり、

体を作るのに大事な役目を果たしているんですね。

 

体の中にコラーゲンは30種類ほど存在しています。

そのうち、美肌に働くのが三十螺旋の構造を持つ

I型といわれるコラーゲン。

ヒアルロン酸をしっかり抱え込んで、

保湿力が高いのが特徴です。

 

次に、美肌にコラーゲンが必要なワケって知っていますか?

皮膚は表皮層と真皮層の二重構造になっています。

表皮は、皮膚の一番外側、目に見える層です。

厚さ約0.2mmほどで、外側から、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、

有棘層(ゆうきょくそう)、基底層の4層構造になっています。

主に、バリア機能やターンオーバー(約28日周期で皮膚が生まれ

変わる再生機能)などの役割を担っています。

 

真皮は、表皮の内側にある層で厚さは約2mmです。

主な成分はコラーゲン繊維(いわゆるコラーゲン)とエラスチンで、

なかでもコラーゲンが70%ほどの割合を占めています。

網目状に張り巡っているコラーゲンのおかげで、

真皮には弾力性があるのです。

 

また、真皮の重さの約60~80%は水分で、

肌のみずみずしさの源はここにあります。

 

編み目状に張り巡らされているコラーゲンの働きは、

年齢とともにその弾力は失われていきます。

だからこそ、補ってあげることが大事なのです。

 

低分子コラーゲンといわれるナノレベルの小さな

コラーゲンは、肌への浸透力も高く、吸収率も高いメリットがあります。

高分子コラーゲンは、肌の表面にとどまって保湿力を発揮するため、

シワやたるみを防ぐ役割があるといわれています。

 

体や美肌のために必要なコラーゲン。

サプリメントなどで手軽にとることもできますが、

まずは、バランスの良い食事をとることが大事です。

コラーゲンのもととなるタンパク質やコラーゲン合成を助ける

ビタミンCなどが必要です。

そのうえで、サプリメントで補うケアが有効ですね。

↓↓

コラーゲンの生成を促す成分がプロテオグリカン!

130名以上のドクター監修サイト「スキンケア大学」の

プロテオグリカン特集はこちら

24

 


こちらも合わせてお読みください